カルチュア・エンタテインメント

メニューボタン

作・演出/根本宗子による2019年の舞台 月刊「根本宗子」第17号 「今、出来る精一杯 」 2022年9月24~26日 映像上映決定!

 

 

 

“月刊「根本宗子」第17号『今、出来る、精一杯。』”の舞台映像が、2022年9月24日(土)~26日(月)に、ユーロライブにて上映することが決定。

 

特設ぺージ:https://www.culture-pub.jp/news/184/ 

 

劇団・月刊「根本宗子」の主宰者として、全作品の作・演出を手掛ける根本宗子(ねもと・しゅうこ/1989年生まれ。東京都出身)。劇作家・演出家としての活躍はもちろん、2022年4月には初の小説『今、出来る、精一杯。』を上梓するなど多方面に活躍しています。また、根本作品初となる映画化で、“映像化不可能”と思われていた2015年の舞台『もっと超越した所へ。』が、前田敦子・菊池風磨らが出演し、2022年10月14日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで劇場公開予定。2023年1月には高畑充希・成田凌らが出演する新作舞台『宝飾時計』の上演が控えています。

 

本作は、月刊「根本宗子」旗揚げ10周年の記念公演として、当時23歳(2013年)の根本が書いた戯曲を、30歳(2019年)の根本が音楽劇として作り直した作品です。音楽監督には、シンガーソングライターの清竜人(きよし・りゅうじん)を迎え、より多くの方に伝わる芝居へと進化させました。当時の舞台の臨場感を感じてもらえるような作品となっておりますので、ぜひスクリーンでご覧ください。

 

  • 作・演出

根本宗子(ねもと・しゅうこ)・・・1989年生まれ、東京都出身。
19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げ。以降劇団公演全ての作・演出を手がける他に、様々なプロデュース公演の作・演出も担当。2016年から4度にわたり、岸田國士戯曲賞の最終候補作へ選出され、近年では清竜人、チャラン・ポ・ランタンなど様々なアーティストとタッグを組み完全オリジナルの音楽劇を積極的に生み出している。常に演劇での新しい仕掛けを考える予測不能な劇作家。22年初の著書となる小説「今、出来る、精一杯。」(小学館)を刊行。23年1月には高畑充希とタッグを組む新作演劇「宝飾時計」が控えている。

 

根本宗子コメント
2019年に劇団10周年の記念興行として上演した音楽劇版の「今、出来る、精一杯。」が映画館のスクリーンに帰ってきます。23歳で書いたこの作品は明らかにわたしの20代を象徴する作品であり、劇作を一生自分は続けて生きて行くのだなと覚悟を決めた作品です。演劇での上演は三度、そして今年は小説という新たな姿で皆さまの元に届けた作品です。こんなにも1つの作品と深い付き合いをするなんて正直なんとも自分らしくないなと思っています。
わたしはあまり過去を振り返ることをしないので、普段写真もあまり撮らないし、残すことをしてきませんでした。
より良い今を見て欲しかったからです。でも、形の残らぬ演劇の儚さに胸が押しつぶされることの多い2年半を過ごし、大きなスクリーンでこの作品をもう一度皆さんと共有したいなと思い、企画を決めました。
清竜人さんの音楽に抱きしめられているこの作品を、是非映画館でもご覧いただけたら嬉しいです。

 

  • 舞台「今、出来る、精一杯。」上映 概要
・作/演出 根本宗子
・音楽 清竜人
・出演

清竜人、坂井真紀
伊藤万理華、瑛蓮、内田慈、今井隆文
川面千晶、山中志歩、春名風花
小日向星一、根本宗子

 山之口理香子、天野真希、田口紗亜未
水橋研二、池津祥子

・製作 月刊「根本宗子」・ヴィレッヂ
・配給 カルチュア・パブリッシャーズ
・開場 ユーロライブ(渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS 2F)
・期間 2022年9月24日(土)~9月26日(月)

 

 

公式SNS

公式Twitter

@GekkanNemoto

https://twitter.com/gekkannemoto

@ cecp_eizou
https://twitter.com/cecp_eizou

公式instagram @ culture_entertainment_cp_
https://www.instagram.com/culture_entertainment_cp_

 

特設ぺージ

https://www.culture-pub.jp/news/184/ 

※こちらに随時情報更新していきます。

 

 

 

  • 「今、出来る、精一杯。」書籍情報

タイトル:「今、出来る、精一杯。」(著/根本宗子・小学館)
定価:1760円(税込)  好評発売中!

https://www.shogakukan.co.jp/books/09386633

 

 

  • 映画『もっと超越した所へ。』情報

 

『もっと超越した所へ。』
10月14日(金)~

TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

 

公式サイト

https://happinet-phantom.com/mottochouetsu/

 

原作は、劇作家・根本宗子による同名舞台。自身初の映画化にあたり脚本も自ら手掛け、”映像化不可能”と言われた伝説の舞台を大胆なアレンジで表現。クズ男を引き寄せてしまう4人の女性たちが、めんどくさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながら、強くたくましく生きる様を痛快に描き切る。観る者すべて、圧倒的な爽快感と奮い立つようなエネルギーが身体中を駆け巡る感動を味わうはず。
ダメ恋愛体質の主人公、メンヘラと勘違いされがちな衣装デザイナー・真知子を演じるのは、映画・テレビ・舞台に出演作が目白押しの前田敦子。後悔したくない恋愛を求める、女性のたくましさを抜群の存在感で魅せる。その彼氏でやっかい系のヒモストリーマー・怜人に、『劇場版 仮面ティーチャー』以来約8年ぶりの映画出演となるSexy Zone の菊池風磨。甘え上手で束縛好き、弱さをみせるクズ男を魅力たっぷりに演じる。元子役タレント・鈴に趣里。あざと可愛いボンボン・富を千葉雄大。金髪で内面も彼氏に染まるギャル・美和には伊藤万理華。ノリだけで生きているフリーター・泰造をロックバンド「OKAMOTO‘S」のドラマー、オカモトレイジ。シングルマザーの風俗嬢・七瀬に黒川芽以、落ちぶれた元子役俳優・慎太郎には三浦貴大、と比類なき個性を発揮する実力派キャストたちが顔を揃える。監督は、ドラマ「忘却のサチコ」「有村架純の撮休」などテレビ、星野源や乃木坂46のMV・CMで活躍する映像クリエーター・山岸聖太
そして物語は、驚きの仕掛けが待ち受けるクライマックスへー!
彼女たちが、<超越した所。>で見つけた、自分だけのハッピーエンドとは?ブチ切れ&ブチ上がりの恋愛バトルが爆誕!!